便利な道具

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.05.17 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

猿も木から落ちるので、人間もなおさらだ。 安全帯の使い方?

JUGEMテーマ:裏技・知恵袋
 
雪国の屋根雪降ろしは命がけ、、だ。今年の雪はいつもとは違って、大変重かった。屋根に上り、スノッパーでその重い雪を横に振り払うようにして、除雪するのだが、疲れてくると、または、嫌々もう止めようかと思った、その瞬間に事故が起きる。なぜか?。力を抜くと、そのひょうしに重い雪とスノッパーの全重量が自分にのしかかってくる。まともにその力がかかる前に逃げなければ、自分もいっしょになって、屋根から転落してしまう事になるのだ。ま、そんなことで、安全帯を考えざるを得なくなった。もう3月初旬となって、来年しか間に合わないが考える価値がある。素人考えで、腰にロープを巻きつけて、もう安心だ思った。その人が除雪中に転落したとたん、その腰のロープが首にひっかかり、絞ったような状態で、死亡するという痛ましい事故があった。安全帯なら、いったんロックすれば、緩むことも、絞ることもない。だから、そんなふうな事故は絶対ないと断言できる。今回の動画の安全帯はプロ向きではある。動画にある通り、プロのほうが、安全には重大な関心をはらっているし、高いお金もかけているようだ。ひとつしかない命なのに、しろうとのほうがかえって、安全について軽く考えすぎているのではないだろうか?そんな気がしてならない。
販売のページはこちら

スポンサーサイト

  • 2017.05.17 Wednesday
  • -
  • 15:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

サイト内検索

オンラインショップはこちら

オンラインショップはこちらから

アマゾン

企業情報┃会社概要

        

和田金物店


        

じっとしているのは苦手。40歳位から、ジョギングを…【←詳細はこちら】


PR

新着エントリー

カテゴリー別

日付順

リンク

その他

携帯用QRコード

qrcode